読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

perrier_02025’s diary

レコ屋巡り日記

ディスクユニオン新宿 日本のロック・インディーズ館

はじめてレコードを買った店は、ディスクユニオン新宿 日本のロック・インディーズ館でした。

 

ディスクユニオンはレコード好きにはお馴染みの店で、

他にジャズ館、クラシック館、パンク館、プログレ館、クラブミュージック館、昭和歌謡館などなど様々なジャンルがそれぞれに店を構えています。

 

JR新宿駅から向かう場合は中央東口を出て、右手に椿屋珈琲を見ながら3ブロック歩いてゴーゴーカレーの隣のとなり。地下一階が日本のロック・インディーズ館です。

狭い階段を下るとINUブルーハーツ頭脳警察など日本のロックを代表するバンドのジャケットが壁に印刷してあります。

何度来ても、この入口にはテンションが上がります!

 

この日は、筋肉少女帯のギタリスト橘高文彦さんのBDリリースイベント整理券をタワーレコードでゲットするために新宿に来ていました。

整理券をゲットした直後、電話予約でも整理券がもらえたという情報をTwitterで目にして、多少落ち込みつつもせっかく新宿に来たのだから、とディスクユニオンに寄ることにしました。

 

 

その日買ったのは

とろろの脳髄伝説/筋肉少女帯

ノゾミ・カナエ・タマエ/筋肉少女帯

 

来た甲斐があったな、と。

電話予約でも良かったところわざわざ新宿まで来た甲斐がありましたぞ、と。

 

たいそう喜んで家に帰ったわけですが、

実はこの時まだレコードプレイヤーを持っていなかったんですね。

せっかく買ったのに再生できない。

 

なぜそんなことになったかというと、

"この足でレコードショップに赴き、この目で筋肉少女帯のレコードを見つけた暁には、迷わずレジへ向かい、それからレコードプレイヤーを購入しよう。"

と、妙なこだわりからこんな自分ルールを作っていたからです。

この日…ついに、ついに出会ってしまった!と、そういう訳だったのです。

 

後日、レコードプレイヤーを購入し、

初めてレコード盤に針を落としました。

 

アナログレコードの音の深み…なんて、そんな難しいことは私にはわからなかったのですが、

レコード盤が回って、針が落ちて、音楽が鳴る、それだけのことにえらく感激しました。

 

ジャケットからレコードを取り出して、セットするまでの胸の高鳴りはこれまでに体験したことのないものでした。

 

それからレコードの魅力にとりつかれ、レコ屋巡りが趣味となったのでした。